動画一時間 何ギガ

動画1時間で何ギガの通信量?どれくらい見れるのか目安を解説

スマホの料金プランから、格安スマホポケットワイファイを組み合わせて月々の料金を節約している方にとって、気になる通信量。

2019年春には3大キャリアの料金の見直し等が検討、実施される中、現在特に「ポケットワイファイ」を検討しているあなたに「動画1時間で何ギガ使うのか?」「1GBでいったいどれくらい見れるのか」について解説していきます。

1GBで動画はどれくらい見れる?

結論から言うと、アップロードされている画質によって異なります。

YouTubeや、ネットフリックスのような動画配信サイト、InstagramのIGTVやストーリーなど普段スマホで見る機会が多いサービスがたくさんあります。

今回は動画やSNSなど、スマホを使用している方がデータ通信量を気にしてしまうサービスを中心にそれぞれ解説していきます。

1GBで見れるYouTubeの時間

まずは動画と言えば、YouTube。利用されている方も多いと思いますので、YouTubeは1GBでどれくらいみれるかを解説していきます。

YouTube含め動画サイトの場合ポイントは画質です。画質によって消費するデータ通信量が異なります。以下画質によってどれくらい見れるかをまとめていますので参考にしてください。

 

YouTube高画質中画質低画質
サイズ720p480p360p
1GB(ギガ)で見れる時間約1時間30分約2時間約3時間

 

ご覧の様に画質が良い程1GBで見れる動画の時間は短くなるのがわかります。

現在ではYouTubeやその他の動画一分あたり1MB~1.5MBと動画によってばらつきがあるのであくまでも目安として捉えてください。

10GB・30GB・50GBで見れるYouTubeの時間

 

YouTube
データ通信量10GB30GB50GB
高画質15時間45時間75時間
中画質20時間60時間100時間
低画質30時間90時間150時間

1ギガで話せるLINEの通話時間

近年ではLINE電話などインターネット通信を介して電話をする方も多いので、1GBでどのくらい話せるかも気になるところ。

LINE電話では1GBで約1850分(約30.8時間)の通話が可能です。意外とLINE電話は通信量を消費しないものですね。

LINE電話でのデータ通信量の消費具合は気にしないでも良さそうです。

かけ放題ではない方や格安スマホの方はLINE電話を積極的に使いましょう。

1ギガで話せるLINEビデオ通話の通話時間

LINEビデオ通話の場合は1GBでどれくらい話せるのでしょうか。

LINE電話と比べてビデオでの通話になるため、その分データ通信量は大きく消費します。

目安として1GBでは約180分(3時間)のLINEビデオ通話で話すことが出来きます。

甥っ子や姪っ子、友達のお子さんなど小さい子がママのスマホを使ってLINEビデオ通話でかけてきますが、意外と消費しているものですね。(教えてあげよう)

 

1ギガで話せるFace timeの通話時間

ビデオ通話の紹介をしたので、合わせてFace timeでは1ギガでどれくらい話せるかも紹介しておきます。

iPhoneのビデオ通話である「Face time(フェイスタイム)」では1分あたり約2.5MB、これを1時間で換算すると約150MBのデータ通信量がかかります。

1GBでは約6.6時間ほど話せることになります。LINE電話の方がデータ通信量が少量ですので、スマホやモバイルルーターの容量が少ない方はLINE電話での通話をおすすめします。

 

TVerなど見逃し配信の容量は?1時間で何ギガ使うのか

近年ではTverをはじめ、見逃し配信アプリや番組が多数あり、容量を気にする方も多いのではないでしょうか。日テレやTBS、テレビ朝日など各テレビ局で1時間あたりにかかる通信量は若干異なってきますが、だいたい500MB(0.5GB)から700MB(0.7GB)ほどかかります。

スマホの7GBくらいの通信プランなら10本くらいしか見れませんね。。。。やはり動画は通信量が多いようです。よく見逃し配信を見る機会が多い方は多めの容量が格安で使えるポケットワイファイや固定回線を引いてWIFIルーターでスマホに接続した方が良いでしょう。(気になるドラマや番組は1つではないでしょうから)

FODプレミアム

TverやFODなどの見逃し配信アプリ
データ通信量10GB30GB50GB
1時間0.5GBで換算20時間60時間100時間
1時間0.7GBで換算14.3時間42.9時間71.5時間

NexflixやAmazon Primeでは1時間で何ギガ使うのか

Nexflixでは1時間あたり、標準画質では700MB(0.7GB)ほど、高画質では3GBほどのデータ通信量を消費します。

NexflixやAmazon Primeなどを見たい、よく利用するという方にとっては、月に使えるデータ通信料はやはりたっぷりないと厳しそうですね。

 

NetflixやAmazonPrime
データ通信量10GB30GB50GB
標準画質20時間60時間100時間
高画質3.3時間10時間16.6時間

 

ポケットワイファイを検討しているは容量が100GBオーバーのプラン、または固定回線を考えた方が良いでしょう。

固定回線の関連記事>>ポケットワイファイと固定回線(光)どっちがお得?初心者向けネット回線の選び方

SNS(インスタグラム、Twitter、Facebook)の1時間で何ギガ使うのか

スマホをよく使う方にとってInstagramやTwitter、FacebookなどのSNSではどれくらいのデータ通信量を消費しているかも知っておくべきでしょう。

意外や意外?このSNSが結構容量を消費しているんですねぇ。ただしあくまでも次に挙げている消費データ通信量は目安です。先述したYouTubeの動画サイズやTwitter、Facebookのフィードに動画が多ければその分もっと消費します。

 

SNSInstagramTwitterFacebook
データ消費量(5分連続で使った場合)50MB11.8MB10.2MB
データ消費量(1時間連続で使った場合)600MB114.6MB122.4MB

表をご覧の様に特に画像や動画を使っているInstagramは1時間で約600MB(0.6GB)でのデータ通信量を消費します。

スマホで動画をよく見る且つInstagramをよく見る方はデータ容量がたっぷりめのポケットWIFIをお勧めします。

ちなみに、年々利用者が増えているGoogleマップでは1時間使用すると約3MB程度です。ただし、音声ナビを使ったり何度も検索し直せばその分データ通信量を消費しますので、参考までに。

TikTokを1時間視聴したら何ギガのデータ通信量なのか?

TikTokも近年のスマホユーザー視聴することが増えていることでしょう。

TikTokを1時間視聴した際のデータ通信量は約0.54GB(540MB)です。

InstagramやYouTubeと同様にやはり動画コンテンツはデータ通信量をたくさん消費しますね。

これらを踏まえてうえで、特にデータ通信量を多く消費するサービスを中心にまとめましょう。

アプリやSNSで消費するデータ通信量が気になっている格安スマホユーザーや3大キャリアの通信プランを最低限まで下げているユーザーのなかで、モバイルルーターを検討している方には以下のサービスがオススメです。

月の通信量無制限は大容量!残り容量なんて気にしたくない方にオススメのポケットワイファイ

残り容量なんて気にしたくない方にオススメのモバイルルーターサービスは「どんなときもワイファイ」

どんなときもワイファイは月の通信量は無制限の使い放題です。

自宅や外出先でも動画をかなり見る人には最適なサービスです。しかも月々3480円とかなりお得。

 

 

 

どんなときもワイファイIの特徴やメリット、デメリットなど更に詳しくは下記関連記事よりご確認下さい。

関連記事>>CMでもおなじみどんなときもワイファイを契約するなら知っておきたい特徴と評判