Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
利用者急増!ライザップ発暗闇フィットネスEXPA

手をあげて寝る「バンザイ寝」の原因と改善法

手をあげて寝る「バンザイ寝」の原因と改善法

朝起きた時や、昼寝の後に両手をあげて寝ていたなんて事はありませんか?また、起きたら「肩がこっている」「しびれている」人も、もしかするといつの間にか「バンザイ寝」をしているのかもしれません。

通称この「バンザイ寝」\(^o^)/はなぜ起こるのでしょうか?その原因と改善方法についてシェアしていきます。

 

girl2
yui

あるある(;^_^A起きたら手をあげてたってこと・・・

 

手をあげて寝ているかもしれない人

寝ているから気付かない人も多いとは思いますが以下に当てはまる方はもしかするとそうしているかもしれません。

パソコンを長時間使うデザイナーやライター

仕事中の大半がデスクワークの人

猫背の人

スマホのヘビーユーザー

ストレスが溜まっている人

 

kamishin
kamishin

ちなみに僕は全部当てはまってしまいます(-_-;)

 

手をあげて寝る原因

ではなぜ手をあげて寝るのでしょうか。その原因についてみていきましょう。

手をあげて寝る原因としてはいくつかあります。まずは環境やクセによる前屈みの姿勢になる方肺が圧迫され、呼吸が浅くなってしまいます

当ブログのライザップウーマンでも挙げたように、姿勢が悪いと、単に手をあげて寝るだけでなく、美に興味がある女性にはショックな事実である「スタイル面」「体の機能面」にも影響を及ぼしてしまいます。

 

姿勢を正しくすることでスタイル面では「背筋が自然と伸びて、美しく見える」「筋肉を正しく使えることでバランスの良い体に」「加齢や体重が原因で困っていたバストやヒップの位置を上げる」、機能面では「トレーニングのパフォーマンスを向上して、より効率的に行う」「疲れにくい体を作れる」「血行促進やリンパの流れを良くする」など、体の内側と外側の両方からアプローチするのがライザップウーマンのこだわりです。

日々のスマホやパソコンの閲覧による猫背や、長時間のデスクワーク、筋力の低下による平背、衰えた筋肉やハイヒールで歩くことによる反り腰など、現代では姿勢が悪くなる原因が多くあります。

参照元:これが女性専用ライザップ RIZAP WOMANの魅力!より

 

また、ストレスや肥満、鼻炎などのアレルギーも呼吸が浅くなる原因に繋がります。呼吸が浅くなると肺周りの筋肉が衰えたり、肋骨が下がったりと体には良くない状況です。

呼吸が浅いので自然と手をあげて肋骨の位置を上げ、肺を広げようとする結果手をあげてしまいます。この姿勢で一瞬は多くの酸素を吸う事が出来ると思ってしまいがちですが、実はこの姿勢はかえって呼吸をしづらくし、質の悪い睡眠へと導いてしまいます。

他に肩が凝っていたり四十肩の方は手をあげる事で楽になる為、睡眠中にそうしてしまう場合もあります。更にはベッドや敷布団が柔らかすぎる場合も体が沈み過ぎるのを防ぐ為、手をあげてバランスを取ろうとしてしまいます。

 

girl
riho

ねぇねぇ、赤ちゃんもバイザイして寝てるイメージだけど大丈夫なのかなぁ・・・?

壱岐でマリンスポーツ

赤ちゃんのバンザイ寝(手をあげて寝る)理由

赤ちゃんは体がまだ発達していない為、手をあげて布団の外に手を出して体温調節をしています。

体温調節が苦手な赤ちゃんは、よほど室温が寒くない場合は温め過ぎるのもよくありません。

その他、リラックスして寝ている為、自然とバンザイやガニ股になるとも言われていますよ。

 

バンザイ寝を放置するとどうなるか

では手をあげたまま寝続けるとどうなるのでしょうか。この姿勢がもたらす体への影響と共にみていきましょう。

1.冷え性の原因になる

手をあげたまま寝ると肩から手にかけての動脈が伸びたままの状態になります。心臓のポンプから送られた血液が全身に流れる為の通り道である動脈が伸びる状態は血液の循環を悪くし、手足の先まで血液が巡りにくくなってしまう為、冷え性の原因となってしまいます。

血行が悪いと肌のくすみやシミ、乾燥、シワの原因にも繋がってしまい、お肌にとっても良くありません。

また、起きた時に手のしびれや肩がこっていると感じるのもこのためです。

2.四十肩、五十肩になりやすくなる

 

girl2
yui

えーーー、ヤダ。おばちゃんみたいになりたくない!!!

 

3.むくみの原因となる

血行が悪くなるとリンパの流れも悪くなってしまいます。リンパの流れが悪くなると老廃物が溜まり、むくみの原因に繋がります。特にむくみは足が太く見えてしまったり、顔が大きく見えたりと女性にとっては嫌なことに繋がります。

 

girl2
yui

リンパの流れが悪くなるってことは、セルライトもできやすくなるってことよね?・・・・踏んだり蹴ったりやん!ダイエットに興味のある方やむくみが気になる女性も改善しなきゃいけませんね。

 

4.疲れが取れにくい

「まだまだ寝たい」「朝起きてもまだ眠い」「起きた時からもう疲れている」など寝ているにも関わらず、疲れが取れにくいことがおきます。

また、このような症状は、この「手をあげて寝る」の他、パソコンやスマホの見過ぎ、ストレス、アルコールやカフェインの摂り過ぎ、加齢による睡眠誘導物質であるメラトニンの減少、なども影響している可能性は高い場合があります。

参照:寝れない、朝からきついあなたに!睡眠サプリ「ピースナイト」の効果や評判(口コミ)は?より

 

フリーランスの気分転換

手をあげて寝る「バンサイ寝」の解消法(治し方)

これらのように体への悪影響を及ぼす前に、この手をあげて寝る状況を改善しなければいけません。

程度な運動による解消方法

以下の様にほぐしたりストレッチで血液の流れを良くして、体への負担を和らげるようにしましょう。

・肩回りのコリをほぐす

・首周りのストレッチを行う

・腕をぐるぐる回す

この様に、特に「肩、首、腕」といった上半身の血行を良くすることで、解消に繋がります。

ストレッチや運動は、今回の「手を上げて寝る」解消法の他、美容やその他健康にも良いことです。

隙間時間でも構いませんので「普段全く運動をしない」状態が無いようにしましょう。

 

日常の生活面での解消方法

普段シャワーがメインの方や、湯船につかる時間が短めの方は首や肩、肩甲骨回りをマッサージしながら、ゆっくり湯船に浸かることをオススメします。

また、日頃のストレスや肥満の方は今回のバンザイ寝の原因だけにとどまらず、生活習慣病にも繋がるきっかけとなってしまいますので、たまには趣味に時間を費やしたり、美味しいモノを食べる、買い物をするという様なあなたにとってのストレス解消を行うことも大切になってきますね。

睡眠時の環境を整える

手をあげて寝る原因の1つでもある日頃の環境や姿勢に加えて、デスクワークではない方やパソコン・スマホを長時間つかっていない方で、手をあげて寝ている場合は、睡眠時に環境も原因の可能性が高くなります。

睡眠時の環境を整える際、「リラックスできる環境」を目指すことが重要となります。

寝室は適度に暗くする

寝室は適度に暗くしましょう。明るく光の強い寝室は脳や体を覚醒してしまいます。

入眠時に必要な「メラトニン」の分泌を抑制してしまうため、眠りが浅くなる原因、寝ても疲れが取れない原因へと繋がってしまいます。

季節に応じた室温、湿度にする

寝室が暑い、寒い場合も良質な睡眠を妨げ、結果的に「手をあげて寝る」原因へと繋がります。一般的な室温の目安として、夏季は25~26℃、冬季は15~18℃とされています。また、湿度は年間通じて50%程度です。

どうしても寝つきが悪い場合は、このように季節に応じて室温、湿度を調節することでも緩和することができます。

寝具の見直しをする

「手をあげて寝る」「寝つきが悪い」「朝を目覚めても疲れている」など睡眠の質が悪い原因として、「寝具」も挙げられます。

クッション性だけ考慮して選んだ高さが合っていない枕や、敷布団など、普段何気なく使っているものがかえって睡眠の質を悪くしている可能性も少なくありません。

体に合った枕や敷布団を選ぶことでも睡眠の質は大きく異なりますので、これを機に見直すことをお勧めします。

 

 

girl2
yui

これってつまり日頃の環境や起きている時の姿勢が原因で手をあげて寝る場合と、睡眠時の環境や体勢が原因でバンザイしている場合もあるってことことよね?

 

kamishin
kamishin

そ、そやね。必ずしも起きている時のが原因とはかぎらんってことやね。手をあげて寝ることでの体への影響を理解して改善すること、運動、生活環境、睡眠環境を整えていくことで、睡眠自体の質を高めて、健康、美容の改善に努めるのがポイント。

 

\バンザイ寝の改善や睡眠環境を整えたい女性にオススメ/

手をあげて寝る「バンザイ寝」を改善するためには、先ほど提案した運動や日々の生活面、睡眠環境の改善をオススメします。

 

 

最後に

大人の場合の手をあげて寝る「バンザイ寝」は、冷え性、血行不良やむくみの原因など女性にとっても厄介な体の状態にも結びついてしまいます。

朝起きて疲れが取れていなかったり、寝ても寝ても眠い方はいつの間にか手をあげて寝る「バンザイ寝」をしているのかもしれません。

原因はあなたが自覚していない環境から知らぬ間に生まれているのかもしれませんよ。



 

【健康】カテゴリの最新記事