バルミューダ コーヒーミル おいしい

我が家に来たバルミューダ コーヒーミルをレビュー(口コミ)

 

てのりこ
長年愛用していいたHARIO(ハリオ)のコーヒーミルが壊れてしまったので、これを機にBalmuda(バルミューダ)を購入しました。使用して感じたことをレビューします♪

Balmuda(バルミューダ)からコーヒーメーカー(The Brew)も発売されていますが、我が家では、オートのコーヒーメーカーよりも、コーヒーミルでその都度コーヒー豆を挽き、楽しむ派。

なので、今回もHARIOの時と同じようにハンドミルタイプを購入しました。

バルミューダ コーヒーミル

バルミューダ コーヒーミル

その名もBalmuda「Coffee Mill」。

すでにトースターやケトルを愛用しているので、数あるコーヒーミルの中でもやっぱりBalmudaをひいき目で見てしまいますよねぇ・・・。

バルミューダ コーヒーミル 中身①

いざ開封してみると、こんな感じ。

ブラックのアルミボディにブランドロゴが入っており、挽くときにゴリゴリ回す取手が外された状態で梱包されています。

(あとは掃除ようのブラシ、保証書とか取扱説明書とかが入っています)

バルミューダ コーヒーミル 中身②

このミニマムなデザイン、バルミューダファンにとってはたまりませんね。そしてハンドル(取手)を付けた状態でも役450グラムと軽い!

ちなみに、ボディの下部に切れ目がありますが、これはクルクル回して外し、下の受けに溜まった挽き終わったコーヒー豆を取り出します。

バルミューダ コーヒーミルの使い方

バルミューダ コーヒーミルの使い方は至って簡単。

ハンドミルタイムですので、超アナログな方でも簡単に使いこなせます。

①ボディ下部でコーヒー豆の挽き方を調節する

バルミューダ コーヒーミル 挽き方

ボディをクルクル回して取り、ひっくり返すと上部の底はこのような状態です。

まず、このつまみを右に回し続けて締めます。

そして、左にカチッと回すごとに1カウント。数を数えなければいけませんが、ハンドドリップ派の方にとっては何も気にならないと思います。

このカチッの数で豆を挽く状態が変わる仕組みです。

挽き方メモリ
細挽き9~13
中細挽き14~17
中挽き18~23
粗挽き24~28

 

  • 細挽きのコーヒー豆:水だしコーヒーの様に時間をかけていれるウォータードリップ向け
  • 中細挽きのコーヒー豆:ペーパードリップやコーヒーメーカー向け
  • 中挽きのコーヒー豆:サイフォンやプレンチプレス向け
  • 粗挽きのコーヒー豆:パーコレーター向け

 

てのりこ
我が家はペーパードリップなので中細挽きです。市販のコーヒーも大体中細挽きのものが多いので、迷ったらこの挽き方でOK。
私はなんだかんだ試して「15」にしています。
バルミューダでは14~17となっていますので、あとはあなたの好みで微調節しましょう。

 

②ボディ上部からコーヒー豆を入れる

バルミューダも推奨しているコーヒー豆の量は1杯で約10グラム。

あくまでもこれは好みです。ちなみに我が家でもコーヒー1杯にはコーヒー豆10グラムを挽いています。

このコーヒーミルには一度に20グラムのコーヒー豆を入れることができますので、2杯分挽くことができます。

③ハンドル(取手)をつけてゴリゴリ回す

コーヒー豆を入れたら、ハンドルをつけてゴリゴリ回して豆を挽きます。

この際、均等なスピードで回して挽きムラをなくし、おいしい豆が挽けるようにするのがポイント!(ハンドミルを使用する際は共通していえます)

 

てのりこ

と、言いたいところですが、このバルミューダのコーヒーミルの場合、若干スピードを変えても均等に挽けました。内部の刃が良い証拠ですね。

④ボディ下部の受けに貯めた豆を取り出す

ゴリゴリ挽き終わったら、ボディ下部の受けに貯まったコーヒーの粉を取りだします。

この際、受けに水分があると粉が引っ付いてしまいますので、必ず乾いた状態で挽きはじめるようにしましょうね。

これで完成です。

あとはあなたが普段愛用しているドリップ方法でコーヒーをお楽しみください。

バルミューダ コーヒーミルのメリット

見た目がおしゃれなため、出しっぱなしにしていても生活感が出ない

軽いし、アナログなので大した設定いらず、簡単に使える

使用した後毎回ブラシでササッと掃除するため、いつも清潔な状態を保てる

バルミューダ コーヒーミルのデメリット

ズボラな方にとっては、毎回ブラシで粉を落とすのが面倒くさく感じるかも

一度に20グラムコーヒー2杯分までしか挽けない

税込み11000円と値段は高め

バルミューダ コーヒーミルを使ってみた感想(レビュー)

バルミューダ コーヒーミル おいしい

今回購入してすでに何度も使用しましたが、率直に感じた感想をご紹介します。

個人的に以前からハンドミルでコーヒー豆を挽いていたので、ハンドミル自体に抵抗はありませんでした。

このバルミューダ コーヒーミルを使ってみて、とにかく軽くて挽きやすいと感じました。

また、スタイリッシュなデザインのためInstagramについ登場しがちです(笑)

家にお友達が来たときにも好調で、やっぱり買ってよかったなぁと思っています。

デメリットにも書いているように、毎回挽いた豆の残りをブラシで落とす作業を面倒だと感じる方もいると思います。

ですが、こうして毎回きれいに落とすことでコーヒーミルを清潔に保つだけでなく、コーヒーミル内に古い粉が残りにくいためおいしいコーヒーがいつも飲めるといったメリットにつながります。

また、値段は少々高い方だと思いますが、自分へのご褒美、おくりものとして捉えると良いかと思っています。

コンパクトでかわいいですが一度に3杯以上コーヒーを入れる環境にいる方にとっては「一度に挽ける量」がネックになるのかなぁと。

てのりこ

総合的には私自身、このバルミューダ コーヒーミルを購入して満足しています。バルミューダのコーヒーミルの購入を検討している方の参考になれば幸いです。



無料カウンセリング&キャンペーン実施中

  1. ムキムキやガリガリではなく健康的に痩せるためのファンクショナルトレーニング
  2. 2019年10月より入会した店舗以外の店舗でも利用が可能
  3. 他社のサービスとは異なり、月のの回数が定められておらず通い放題
  4. 実際に利用している人の評価は高い
  5. 思った以上にいろいろ食べられる健康的な食事指導
  6. キャンペーン中により無料カウンセリングを受けた後にそのまま入会すると初月の料金と入会金が無料になる

その他様々な魅力が詰まった暗闇フィットネスのサービスそれがエクスパです。