Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
もう注文した?Uber Eatsの使い方マニュアル

Uber Eats(ウーバーイーツ)千葉の配達パートナーの登録方法と説明会の場所

Uber Eats(ウーバーイーツ)千葉の配達パートナーの登録方法と説明会の場所

2016年に東京エリアから始まったフードデリバリーサービス、Uber Eats(ウーバーイーツ)も現在では千葉の市川、船橋エリア、神奈川の横浜、川崎エリア、埼玉のさいたまエリア、愛知の名古屋市エリア、大阪の大阪市エリア、京都の京都市エリア、兵庫の神戸市エリア、福岡の福岡市エリアと徐々に配達エリアを拡大しています。(※配達エリアは市内の一部のエリアです。

詳細は関連記事:UberEats(ウーバーイーツ)配達エリア一覧【2019年最新】もしくは公式ページにてご確認ください。)

現在では副収入を得る様々な手段があるなか、空いている時間に自由に働くことができることで好評を得ているUber Eats(ウーバーイーツ)。

今回は全国の複数の都市で展開しているUber Eatsのなかでも千葉エリアで配達パートナーの登録の仕方や働き方について解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは

そもそもUber Eatsとは、アメリカで始まった配車サービス「Uber」のフードデリバリー版としてここ日本でも2016年東京を皮切りに始まったフードデリバリーサービスを指します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)仕組み

ユーザー(お客様)が登録店舗の中から好きな商品を選び、Uber Eatsのアプリから注文、登録店舗(加盟店)は商品をユーザー(お客様)に届けてもらうためにUber Eatsに配達を依頼、Uber Eatsのドライバーアプリをオンにしている配達パートナーに通知し、届けることができる配達パートナーが登録店舗(加盟店)までピックアップし、ユーザーが指定する住所まで届けるといった流れとなっています。

一般的なフードデリバリーとUber Eatsとの違い

以前から日本でも展開している一般的なフードデリバリーサービスとの違いとして

・加盟店が配達するスタッフを直接雇っているわけではない

・Uber Eatsが個人へ配達業務の委託を契約し個々が配達パートナーとして働いている

・直接雇われているわけではないのでシフトや応募の履歴書も不要、自由に働くことができる

・デリバリー業務の仕組みを作らなくてよいため、これまでデリバリーサービスを展開していなかった店舗も加盟することで商品をデリバリーすることができる

などなど、Uber Eatsが日本でも展開されることで、ユーザー、加盟店、配達パートナーと3者にメリットがあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとは

Uber Eats(ウーバーイーツ)千葉 働き方

配達業務を委託され、商品を配達してくれる人のことを「配達パートナー」と呼んでいます。配達パートナーは、自分の好きな時間(休日や空いた時間)などに自由に働くことができるため、空いた時間を有効活用しながら配達パートナーとして副収入を得ることができます。

Uber Eatsでは、加盟店の商品を配達する業務を個人に業務委託する形をとっているため、店やUber Eatsに直接雇われているのではありません。

この形態が、これまでのフードデリバリーサービスとの大きな違いと言って良いでしょう。

 

では千葉エリア(市川・船橋)でこのUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーになるための手順をみていきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)千葉(市川・船橋)で配達パートナーになる方法

①まずは下記ボタンもしくはバナーよりWEB登録を済ませます。

Uber Eats千葉の配達パートナー登録

 

②次に所定のパートナーセンターにて働く際の注意事項や働き方などの説明を受けます。

Uber Eatsの千葉エリアのパートナーセンターの住所や営業時間等は以下となります。

Uber Eatsの千葉エリアのパートナーセンターの住所や営業時間

現在の説明会を受けることができるパートナーセンターの場所は千葉エリアにありませんので、東京エリアのパートナーセンターで説明会を受けましょう。

Uber Eatsパートナーセンター新宿・秋葉原・大門の住所・営業時間・定休日

Uber Eats東京エリアには「新宿」「秋葉原」「大門」の3か所のパートナーセンターがあります。

パートナーセンターの場所も比較的アクセスの良い所ばかりです。

 

Uber Eats東京エリア新宿秋葉原大門(new
住所新宿区7-9-16 西新宿メトロビル3階千代田区神田須田町2-1-1 ザ・パークレックス神田須田町4階港区芝公園2-4-1 芝パークビルB館1階
営業時間12~19時まで
定休日水曜日無し無し
所在地マップこちらこちらこちら
配達パートナー説明会の事前予約はいりませんので、お好きなタイミングで行ってください。ただし、Uber Eatsのバッグの数に限りがありますので、早めに説明会に出向きバッグをもらうことをお勧めします。

場合によってバッグが無い場合はすぐに働けない可能性もありますので、こういうのはすぐに済ませておきましょう。

Uber Eatsの説明会に持っていくもの

Uber Eatsの説明会に持っていくものは以下となります。

・写真付き身分証明書(免許証やマイナンバーカード、パスポートなど)

・銀行のキャッシュカード・スマホまたはタブレット

面接なんて一切ありませんので、服装も自由ですし、履歴書も要りません。簡単で手軽に参加できるのもUber Eatsの良い所ですね。

Uber Eatsの説明会の流れ

①報酬の振込先の登録

②ビデオでサービスの一連の流れをみる

③働く際の手順やドライバーアプリの使い方の説明

④プロフィール写真の撮影(あとで撮り直しも可能)

⑤Uber Eatsのバッグの受け取りです。

所要時間も30分~40分程度あれば終わります。この説明会に参加しないと配達パートナーとして働くことができませんので必ず参加しましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)千葉の配達エリア

千葉でUbe rEatsを利用できるエリアは市川市、船橋市内を含む一部地域です。

2019年7月10日追記:配達エリアの拡大が発表されました。7月下旬から8月頭にかけて 千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区、 習志野市、浦安市(南部)も配達可能エリアとなります。

 

ウーバーイーツ 千葉エリア

最後に千葉エリアでもまだまだ配達パートナーが足りません。つまり配達パートナーが足りない状況ということは、それだけ報酬を得るチャンスが多いことでもあります。

空いている時間を上手く利用して副収入を得ることができるUber Eats。是非この機会に配達パートナーとして働いてみませんか?

まずはWEB登録から↓↓

 

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

店舗限定!500円でお試し体験レッスン開催中

Uber Eatsカテゴリの最新記事