もう注文した?Uber Eatsの使い方マニュアル

【ライター編】未経験スキルなしからフリーランスで収入を劇的に増やす手順

【ライター編】未経験スキルなしからフリーランスで収入を劇的に増やす手順

昔と比べ現在では様々な働き方があります。会社員の方であっても副業を認めている企業も多く、働き方によっては収入を短期間で増やすことも不可能ではありません。

今回は、現在会社員として働いている状態ではあるが副収入を得たい人、会社勤めは辞めいずれ独立したい人の中でも特にこれといった経験がなく、スキルもない状態からフリーランスWEBライターとして働く方法を紹介しますが、決して簡単ではないということは肝に銘じておいてください。

しかし、未経験スキルなしの状態から副業として複数の収入の柱を立てるには最適な方法のひとつです 。

必要なのはあなたがこの記事を読んで起こす行動力に付きます。

未経験スキルなしでフリーランスWebライターとして働く

これといって秀でたスキルがない未経験のあなたにとって Web ライターとして副収入を得ることは他の業種に比べでもハードルが低い方法のひとつです。

Web ライターといえど、

  • メディアのライターとして運営者と提携し、ライティング料としての報酬を得る
  • 自身のブログなどを立ち上げ、そこからの広告収入やアフィリエイトによる収入を得る

 

というような提携先から報酬を得るもしくは自分自身で収入を発生させるといった二つの方法が挙げられます。

学んで手に入れるべきスキルはライティング

ライティングスキルは特に国家資格を必要とするものでもなく、未経験スキルなしの状態でも得ることができます。

ライティングスキルを得るにはとにかく「書く」環境を作ることが先決です。

先述したようにメディアのライターとして運営者と提携しライディング料として報酬を得るには、一定のライティングスキルが求められます。

もちろん、運営者側は代わりに記事を書いてもらう代償としてあなたに報酬を払うわけですから、その辺の小学生の日記のようなライティングレベルでは話になりません。

では、未経験スキルなしの状態からある一定のライティングレベルに達するまで行う行動は二つ。しかも同時進行で行います。

 

  1. 一つは自分のブログを立ち上げる
  2. もう一つは、 クラウドソーシングサービスに登録し、案件を得て求められた記事を納品する

 

自分のブログを立ち上げる

すでに自分のブログを持っている人の中で、 WordPress やはてなブログ以外の物を使っている方は別に立ち上げてください。

本来であれば、ブログの目的を明確にし、ブログのテーマを決め、ターゲットを絞り込み、その解決策を記事として提示することで得られる広告収入やアフィリエイト収入を目的としますが、最初からブログで収入を得られるほど世の中そんなに甘くはありません。

まず WordPressやはてなブログを使って自分のブログを立ち上げ、そこで文字と画像を使い、検索してあなたの記事を読むユーザーに対して「伝える」スキルを養います 。

これまで文字や画像を用いて他人に情報を提供することを行なっていたあなたにとって、自分のブログという失敗しても誰にも迷惑をかけない環境下において、自由に書くことで「伝える」スキルを身につけていきます。

書いてみるとわかると思いますが、普段パソコンやスマホを使って文章を作成することに慣れていない方にとっては、文章力や文章の構成など基本的なスキル自体が劣っている状態であると思います。

繰り返し書くことで文章力や構成力が自然と養われ、自ずと伝えるスキルは身についてきます。

まずは、第一歩。ドメインの取得とサーバーの契約から始めます。

>>【お名前ドットコムでドメインを取る】

>>格安ドメイン名取得サービス『エックスドメイン』

>>WordPressブログ・アフィリエイト初心者におすすめのレンタルサーバー4選

自分のブログで長文を書いてみる

次は「長文を書くことができない」という初歩的な第2の壁に悩まされることがあるでしょう。

あなたのブログの中の記事で、検索したユーザーに有益な情報を与える目的の場合、決して長文でなければいけないと言う決まりはありませんが、かといって数百文字の記事では、伝えることも少なくないようも薄っぺらいものが出来上がることでしょう。

また、あなたの目標はライティングスキルを身につけ、そのスキルを用いて収入を増やすことです。

試したものの長文を書くことができないから向いていないと判断するのであれば、その段階でさっさと辞めてしまいましょう。

先述しましたが他の技術職と比べ Web ライターは特別な資格がなくても行うことができる分、世の中にたくさんの Web ライターが存在しますし、そうして途中で辞める方もたくさんいるため、持続し続けた Web ライターは世間から重宝される結果、収入を上げることに繋がります。

今回挙げたウェブライターに限らず、副業もしくは独立してフリーランスとして働くことは決して簡単ではないという経験が得られるだけまだ良い方ではないでしょうか。

脱線したので話を戻し、なぜ僕が長文を書くスキルを身に付けることを勧める理由があるからです。

 

  • 今後必ず必要となる SEO スキルにつながるため
  • 外注ライターとして働く場合でも、薄っぺらい記事では高い報酬を得ることができないため

 

自分で決めたもしくは与えられたテーマに対し、自由自在に書くことができれば、自分のブログでの広告収入やアフィリエイト収入、 依頼を受けたクライアントからの報酬にも必ず影響を及ぼすからです。

まずは自分のブログで自分が決めたテーマに対して文字と画像を使って表現し相手に伝えることを繰り返し行いましょう。

反復して行うことで、自然と伝えるスキルが身につくと同時にライティングスキル全体も向上します。

これまで関係性のなかった仕事をしていたとしても、帰宅後空いた時間を利用してライティングを行うことで、時間の有効活用であるスケジューリングスキル、定められた時間の中で記事を書き上げるためのタイピングスキルも合わせて手に入れることができます。

強制的にあなた自身がその環境を作ることで、自分自身を成長させることができます。

この段階でモチベーションを上げるためにもアフィリエイトのASPにも登録しておきましょう。

 

kamishin
案件を眺めながら、売るものを決め、ライティングするのも良い練習になりますよ。

 

>>A8.net

>>Amazonや楽天の商品を紹介するなら必須もしも

>>◆初心者応援アフィリエイト◆アクセストレード

 

クラウドソーシングサービスに挑戦する

ある程度記事を書くことに慣れたら、次はクラウドソーシングサービスに登録し、募集している案件を受けてみましょう。

これまでは自分が決めたテーマに対して書く環境に対し、今度は他人が決めたテーマに対し書くという異なる環境で自分の力がどのくらいかを試します。

ここで、高度な案件に挑戦するのではなく、比較的簡単なタスクや、文字数の少ない案件を選び、まずは他人が決めたテーマに対して書くスキルを養っていきます。

登録して経験するとわかりますが、他人が決めたテーマに対して記事を書くことの難しさが身にしみてわかることでしょう。

でも大丈夫です。最初はみんなその状態から始め、自分のブログやクラウドソーシングサービスで繰り返し書くことで自ずとライティング力は上がってきますので、修行するつもりで積極的に利用しましょう。

登録はもちろん無料ですので、まずは第一歩、登録から始めましょう▽

 

>>クラウドワークス

>>Bizseek

クラウドソーシングサービスの登録を進めた理由

僕がクラウドソーシングサービスの登録を進めた理由は、他人が決めたテーマに対して各スキルを得るだけではありません。

Web ライターとして報酬を得る場合、案件ごとにテーマや文字数だけでなく、納期も求められます。

決められた期日までに納品する、これもこれまで働いている業種によっては体験できないことではないでしょうか。

副業フリーランス、本業フリーランスどちらにしろ、収入を得るためには必ず納期が存在します。

クラウドソーシングサービスで得た案件の納期に対して、決められた時間でのあなたのスケジューリングスキルが自ずと養われるためです。

また、クラウドソーシングサービスで得た取引先は、あなたが納品した文章が良ければ、次回から継続案件の提案や文字単価のアップの可能性も高くなります。

参考までに、僕が以前クラウドソーシングサービスを6か月間利用し、そこでた報酬を紹介しましょう。現在はもう利用していませんが、本業と並行して行なっていたので、収入面で非常に助かった記憶があります。

kamishin
アカウントは生きているため、遡って調べてみました。

 

  1. 1ヶ月目・・・・約6万円(まず慣れる)
  2. 2ヶ月目・・・・約12万円(高度な案件を受ける)
  3. 3ヶ月目・・・・約20万円(継続案件、文字単価が上がる)
  4. 4ヶ月目・・・・約33万円(継続案件を複数社受ける)
  5. 5ヶ月目・・・・約27万円(そのまま継続)
  6. 6ヶ月目・・・・約8万円(この時期から利用をやめ、アカウントのみ登録している)

継続して同じクライアントから異なるテーマでのライティングを行うことで、あなたの収入が増えるだけでなく、ライティングを行う時間自体が増えるため、あなたのライティングスキルはドンドン上達するでしょう 。

クラウドソーシングサービスではクライアント間とのやり取りも行うため、普段取引先と直接やり取りしない方にとっては良い経験になると思います。

その他、本業とは別に自分でクライアントを探し、案件を受けて報酬を得るといった流れを作るにはマーケティングスキルが必要です。

しかしクラウドソーシングサービスでは、サイト内で需要と供給が成り立っているためそのスキルは要しません。

未経験スキルなしの方にとってはクラウドソーシングサービスの利用はメリットでしかありません。

>>クラウドワークス

>>Bizseek

自分のブログを本格的に育てる

並行して行うもしくは、クラウドソーシングサービスで武者修行し、ライティングスキルを自分のブログに利用するでもどちらでも構いませんが、個人的には両方を同時進行で行うことをお勧めします。

複数のタスクを同時に進行するといった行動は、フリーランスにとっては当たり前のことです。こうしてまだ経験が浅い段階から環境を作ることで、単に体が慣れてくるだけではなく、いかに効率よく案件をこなしていくかといったスキルも身につくためおすすめです。

さて、ある程度自由に文章を書ける、スケジューリングスキル、タイピングスキルも身についてあなたは、そのスキルを使って自分のブログを本格的に育てて行くことにも力を注ぎましょう。

しかし自分のブログで収入を得るにはこれらのスキルだけでなく、 SEO を理解していなければ収入に大きく影響します。

すでにクラウドソーシングサービスで武者修行したあなたはある程度 SEOの知識を身につけてるとは思いますが、それをさらに深掘りしていきます。

 

>>初心者ブロガー向け収益10万円を稼いだアフィリエイト記事の書き方【神らぼ式】

自分のブログを運営注力する目的

ライティングスキル、SEOの知識を生かし広告収入、アフィリエイト収入を得る

  • サイトの構造を最適化する
  • セールスコピーライティングを身につける

 

kamishin
ある程度の期間、継続してライティングをしたり、ブログを運営していると気づくと思いますが、最初に立ち上げたブログ、記事内容は散々なものです。

以前書いた記事を見てみると痛いほど分かると思いますが、逆に言えばそれだけあなたが成長している証拠でもあります。

徐々に身についてきたスキルや知識を自分のブログに反映させ、そこからの収入を発生させます。

また、これまで書いた記事のリライトや、カテゴリー、サイト全体の構成を見直すタイミングもいずれ訪れるでしょう。

その他、売れる記事と売れない記事の二極化が生じているタイミングでもあります。

キーワードやターゲットの選定はもちろんですが、アクセス数が多いものの売れない記事も中には出てくることでしょう。

逆にアクセス数が少なくても、広告収入が バンバン発生する記事もあると思います。

>>初心者ブロガー向け収益10万円を稼いだアフィリエイト記事の書き方【神らぼ式】

ここで得られるスキルとして、セールスコピーライティングの基礎が自ずと身についていきます。

どういったキーワードで、どういった文章の構成で、どういったタイミングでなど、あなたが書いた文字で人を動かす。これまでのあなたの職業とは全く関係ないところで、あなたは新しいスキルを経験値とともに身につけることができます。

別に学校に行ったわけでもなく、高い教材を買ったわけでもなく、自分の力でブログを立ち上げ、自分の力でクライアントの要求した案件を受けたり、マルチタスクに対しでいかに効率よく仕事をこなすかといったスケジューリングスキルがついてる。

これだけでもあなたの成長を感じると思いますが、どうせやるならもっと深掘りしてスキルを極めていきましょう。

また、セールスコピーライティングのスキルを身につけることで、自分のブログのアフィリエイト収入だけでなく、 利用しているクラウドソーシングサービス内で受ける案件の幅が広がるといった収入アップに繋げることができます。

これまでのような記事を書くというライティング案件ではなく、ランディングページのコピーライティングを受けることもできます。

もちろん通常のライティングと異なりランディングページのライディングは報酬が跳ね上がりますので、一定の収入から伸び悩んでいる方の次のステップとしてオススメです。

さらには、あなたのブログ内、クラウドソーシングサービス内にとどまらず、自ら企業に提案し、契約をすることも可能です。

自分のホームページを立ち上げる

ここまで来れば、自分のブログ内やクラウドソーシングサービス内で自分のスキルを活用するだけでは物足りなくなってきます。

そこでいよいよ、自分のスキルをサービスとして確立し、企業に直接提案するために必要なホームページを立ち上げましょう。

ライティングスキルはあるものの、デザインスキルがない場合は、デザインを外注して作ってもらうのも一つの手です。

「何から何まで、1から10まで全部自分でしない」経験者である僕からもお勧めしたいこととです。

未経験、スキルなしから副業または本業フリーランスとして働く際、最初は何から何まで自分でする行動は経験値アップにつながりますが、ある一定の収入から伸び悩む時期が必ず訪れます。

その原因の一つは体力と時間の限界です。ご存知のように人は皆平等に1日24時間と決まっています。その中で効率の良いスケジュールを組んでも、ある程度で限界の壁が立ちはだかってきます。

そのまま続行するのも悪くないですが、長期にわたるハードスケジュールはあなたの体力を蝕むだけでなく、病気のきっかけにもつながります。

そのリスクを避けるためにも、そしてこれまでの収入のさらに上を目指すためには、積極的に外注を行うことをお勧めします。

今回例に挙げたホームページやれば、制作会社に頼むのも良いですし、予算に限りがあるのであれば、以前利用していたクラウドソーシングで、今度はあなたが企業側になり、制作の案件を提示することも一つの手でしょう。

その他、 SNS上で製作してくれる他のフリーランスのデザイナーを見つけるのも手段として挙げられます。

ココナラなどのサービスを使って、ホームページのデザインを募るのも良いでしょう。

>>ココナラでデザインを依頼する

注意点として、 SNS 上で製作している他のフリーランスデザイナーを見つける際、 契約書はきちんとかわし、金銭的トラブルが起きないよう十分注意を払うことが大切です。

先払いした料金を持ち逃げされた、いつまでたっても納品されないなどのトラブルは、契約書があるかないかで対処が大きく変わってきますので、「取引する=契約書を交わす」ことは必ず徹底しておきましょう。

ここまでの経緯

未経験スキルなしから、ここまであなたは以下のことができるまで成長することができました。これでも未経験スキルなしと呼べるでしょうか?

すでに未経験スキルなしから、複数の立派なスキルを手に入れることができます。

  1. 自分のブログを立ち上げてライディングになれる
  2. クラウドソーシングサービスを使って経験値を積む
  3. 得たスキルを利用して自分のブログを育てる
  4. クラウドソーシングサービスでさらに高度な案件を受ける
  5. 自分のホームページを持ち、企業と直接契約する

これらのような1から4までは副業フリーランスとして十分活動できる範囲です。

また、あなたの目標として掲げるフリーランスとしての収入と比較して満足できるのであれば、この範囲内で徹底的に極めるのも良いと思います。

副業から本業フリーランスへ

さらにもっと上を目指す人、本業フリーランスとして独立を考える人には、⑤からそれ以上やるべきことはたくさんありますし、 収入を得るべき方法の選択肢もたくさん存在します。

 

  • 自分のスキルを売るプレイヤー
  • 人を教育するコーチ・コンサルタント

 

これは両方行うことも出来ますし、どちらか一方を貫くことももちろん可能ですので、これから先の道は自由に選んで思う存分稼いで下さい。

インターネットで検索すると web ライターは稼げないと言った内容の記事やキーワードを見かけることがありますが、僕からしてみればやり方次第でもあるし、そこから派生してさらに別のフィールドで活動すれば、本業として十分稼げる職業の一つにもなります。

 

kamishin
まあその頃には Web ライターではなく、違う肩書になっていることでしょう。

 

この文章を読んで、現在の経験スキルなしの状態で、何か副業で収入を得ようと考えている方、今は会社員であるが、後に独立を考えている方の参考になれば幸いです。

冒頭でもあげましたが、まずは一歩、現場より前に進むこと、そして素早く行動することが大切ですよ。

 

>>フリーランスになる前に!会社員時代に得ておくべきスキルと副業レベル

>>スキル・人材不足のフリーランスが行うべき外注とその方法

>>超簡単!開業届から日々の書類作成・確定申告まで全部自宅でフリーランスにお勧めの会計ソフトfreee(フリー)

ライザップの暗闇フィットネスが体験できる!

CTA-IMAGE 新店舗をオープンし、着々とエリアを拡大しているEXPAの体験がワンコインの500円で体験できる♪ 音楽に合わせて楽しくトレーニング♪

スキルアップカテゴリの最新記事