Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ポテパンキャンプで未経験から僅か4ヵ月でエンジニアに転職も夢じゃない

ポテパンキャンプで未経験から僅か4ヵ月でエンジニアに転職も夢じゃない

3000名以上のエンジニアのキャリア支援を行った「ポテパン」が運営するRailsスクールである【ポテパンキャンプ】の魅力について解説していきます。

まずは【ポテパンキャンプ】の魅力

・未経験からでも開発エンジニアになれる

・スキルチェンジができる

・高品質なコードが欠けるようになる

・エンジニアの仕事獲得に特化している

・他社のスクール料が50~60万円に対し、ポテパンは10万円

・ポテパンのスクール料10万円が、ポテパンを通じて仕事が決まれば全額キャッシュバックされる(実質無料)

・現役Railsエンジニアが課題をレビューしてくれるので、スキルのレベルアップが早い

・正社員、フリーランスのどちらでも転職できる




お仕事決まれば全額キャッシュバック!転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】

ポテパンキャンプとは

ポテパンキャンプとは、3000名以上のエンジニアのキャリア支援を行った「ポテパン」が運営する20代の方は未経験者、30代の方はWEB系の仕事の経験者を対象にしたRailsスクール(プログラミングスクール)です。

ポテパンはこのポテパンキャンプの他、フリーランスエンジニア専門のエージェントサービスである「ポテパンフリーランス」や正社員転職に特化しているエージェントサービス「ポテパンキャリア」も運営しています。

 

ポテパンキャンプで学べること

ポテパンキャンプで実際に以下の様な課題を行っていきます。

・環境構築手順書を参考にRails開発環境構築
・Ruby on Rails製のオープンソースECパッケージ(Solidus)の解析
・商品データを商品ページに表示(テキスト、画像)
・商品データをカテゴリー別にカテゴリーページに表示
・商品ページで類似カテゴリー商品を表示
・商品絞り込み検索システムの構築(色、サイズ、値段、フリーワード)
・商品の並び替え機能の構築
・ショッピングカート機能の構築
・購入フォーム機能の構築
・クレジットカード購入機能の構築
・メール機能の構築
・DBテーブルの作成
・ブログ機能の構築(入力・出力)
・最新記事情報の出力
・RSpecでの自動テストの実行

ポテパンキャンプの2つのコース

ポテパンキャプにはビギナーコースとキャリアコースの2つのコースが用意されています。

ビギナーコースは1か月間「Ruby on Railsチュートリアル(株式会社YassLabの運営するサービス)」の動画教材を行い、基礎を学んだ後キャリアコースの内容を学んでいきます。

一方キャリアコースは現役のエンジニアやWEB経験者対象でオリジナルのECサイトの作成を行います。

大半はビギナーコースを選択して学ぶ方が多いようです。

ポテパンキャンプの受講料

ポテパンキャンプのビギナーコース、キャリアコースの受講料やその他の詳細は以下となります。

 

ビギナーコースキャリアコース
受講料162,000円(条件を満たせば54,000円)108,000円(条件を満たせば無料)
内容1ヵ月のRailsのチュートリアル後、ECサイト構築ECサイト構築
取得可能言語Ruby on RailsRuby on Rails
期間4ヶ月間3ヶ月間
受講の形式対面(オフライン)質問はオンライン可対面(オフライン)質問はオンライン可

ビギナーコースで月々6000円(税抜き)キャリアコースで月々5000円(税抜き)の分割払いもできますので、お金がないから夢や野望をあきらめるのはことはありません。

これら両コースの必要条件としてHTML,CSS,JavaScript,Ruby,Ruby on Railsの学習経験がある方とされているため、未経験者はProgateなどで予習しておくと良いでしょう。

また、両コースにある受講料に関しては、ポテパンのサポートを受けて転職した方に対して108,000円をキャッシュバックするので、このキャッシュバックサービスを利用すれば、他社と比べてかなり安く受講することができます。

 

 ポテパンキャンプの特徴やメリット

それではポテパンキャンプにはどんな特徴やメリットがあるか解説していきます。

1.Ruby on Railsが取得できる

Ruby on Rails(ルビーオンレイルズ)とはWEBアプリケーションフレームワークを指します。

また、WEBアプリケーションフレームワークとは動的なWEBサイト、WEBアプリケーション、WEBサービスの開発をサポートするために設計されたフレームワークです。

WEBサイトの開発

Ruby、Ruby on Railsを使って、インターネット上で公開されているようなWEBサイトを作ることができます。

また、メリットとして、フレームワークのよる開発スピードがはやく、インターネットが当たり前となった現在では欠かせない言語です。

APIの開発

スマホのアプリケーションを作る際のサーバーと連携するためのAPIもRuby、Ruby on Railsを使って構築することができます。

近年ではこのAPIの開発をRuby、Ruby on Railsで構築している企業も多く存在し、Ruby on

Railsのプログラミング言語を使えるスキル持つエンジニアはかなり重宝されています。

クローラーの開発

WEBサイトから情報を取得するクローラーの開発もRubyを使って行うことができます。

活用例としてキュレーションサイトやニュースサイトを構築する際にクローラーで様々なメディアから情報を得て自社サイトに紹介する形式で掲載する時に活躍します。

スマホアプリの開発

iPhoneのアプリはRuby Motionというツールを使えばRubyを用いて開発することができます。

これまでのiPhoneのアプリは、Appleが開発したプログラミング言語である「Objective-C」もしくは「Swift」で作られていますがRubyを用いて作ってもパフォーマンス面でもほとんど差がありません。

Rubyで作成しているサイト例

イメージがつきにくいと思いますので、実際にRubyで構築しているサイトを紹介します。

クックパッド

マネーフォワード(無料家計簿アプリ・クラウド家計簿ソフト)

Airbnb(宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのウェブサイト)

などです。

2.就職率90%オーバーの強力なサポート体制

ポテパンキャンプのビギナーコース、キャリアコースを受講すれば、かなり高い確率で就職できるということです。

3~4か月という短期間で実践向けスキルを身に付けることで高確率で就職できるとなるとわざわざIT系の専門学校で学び直すより、時間もお金もかからず最適ですね。

また、ポテパンキャンプの関連事業であるポテパンキャリアやポテパンフリーランスによって、企業間との太いパイプがあることから、納得できます。

未経験からのエンジニアは年収3~400万円が目安ですが、2年程の実務経験後、独立して年収1000万円も決して遠くはありません。また、経験者のキャリアチェンジ(転職)の場合は500万円からもあるようですので、現在の収入に満足ができない方にも魅力ですね。

3.就職先は正社員&自社開発のみ

エンジニアには採用された会社でそのまま開発を行う場合(仕事をする)とSESという雇用形態の2つがありまます。SESとはソフトウェアやシステムの開発・保守・運用における委託契約の一種で、特定の業務に対して技術者の労働を提供する契約を指します。

ポテパンキャンプ受講者はSESではなく、就職先である自社で開発を行う正社員での就職にめっぽう強いのも魅力です。

4.エンジニア経験者によるキャリアサポート

他社のエージェントサービスにもキャリアサポートは大体ついてますが、ポテパンキャンプのキャリアサポートは、実際エンジニアとして経験しているスタッフがサポートをしてくれます。

また、かつてフリーエンジニアだった代表の方自らもキャリアサポートを行ってくれるというのは頼もしいですね。

その他、ポテパンキャンプの受講者には、1人につき3人の現役エンジニアがメンターとしてサポートもしてくるため、わからないことに関して、必ず応えてくれる体制も魅力の1つです。

短期間で、言語スキル取得、学習環境、就職環境など強力サポートがついているのはなかなか他社では受けることができませんもんね。

 

ポテパンキャンプのデメリット

デメリットというほどでもないですが、ポテパンキャンプでは以下に該当する方を中心に募集しています。

・ポテパンで就職や転職活動ができる方(ポテパン以外で就職、転職活動も可能ではありますが、受講料のキャッシュバックは適用されません)

・ポテパンキャンプには受講者の年齢制限がある(未経験者は20代まで・経験者は30代のWEB系経験者のみ)

・パソコン(Mac)の持ち込み

・面接での選考があるため、だれでも通えるわけではない(志望動機やエンジニアへの転職の理由などで、プログラミングに関しての質問はほぼない)

など

ポテパンキャンプの選考とは

ポテパンキャンプには選考があり、だれでも通えるわけでなありません。

選考は「面接」で、主にポテパンキャンプを受講する理由やエンジニアへの転職の理由などを聞かれます。

プログラミングの知識や経験について問われるのではなく、あくまでも、これからのビジョンについて問われるような内容です。

事前準備をせずに面接に挑んで落ちた方もいますので、必ず事前に志望動機等をしっかりとまとめておきましょう。

また、ポテパンキャンプには「無料相談」のサービスがありますので、選考の前に現役のエンジニアの方に無料相談しておくことも合格するための近道ですよ。

 

ポテパンキャンプはこのような方にオススメ

・経理や営業など全く異なる業種からエンジニアを目指したい方

・短期間でエンジニアの技術を身に付け、確実に就職し年収をアップさせたい方

・現在エンジニアで働いており、インフラ、マークアップ、Javaなど他のスキルからRailsエンジニアへのスキルチェンジしたい方

 

最後に

これからの時代はこれまで以上にエンジニアのスキルは重宝される時代となってくるでしょう。

まだ20代の方で転職を考えている方のスキル獲得、30代のキャリアチェンジにも最適なポテパンキャンプ。

まずは無料カウンセリングに申し込んで、いろいろと尋ねてみましょう。

 


【フリーランス】カテゴリの最新記事