もう注文した?Uber Eatsの使い方マニュアル

完全無制限ポケットwifi(モバイルルーター)なんて存在しない?2019年はこれ!

完全無制限ポケットwifi(モバイルルーター)なんて存在しない?2019年はこれ!

現在、様々なポケットWIFI(モバイルルーター)が出ていますが、求めている方にとっては一体どれを使ったらよいのか正直迷いますね・・・

これまで(というか今もだけど)様々なポケットWIFIを紹介するにあたり様々なサービスをリサーチしてきましたが、どれがオススメかというと「その人の環境や使用頻度による」というのが本音です。

今回はあなたの環境や状況に応じてポケットWIFI(モバイルルーター)選びの参考にして頂けたら幸いです。



ポケットWIFI(モバイルルーター)の種類

まずはモバイルルーターの種類について、特徴や違いを把握しておきましょう。

モバイルルーターにはポケットWIFIと呼ばれている4G LTE回線(現在スマホで使われている回線)とWiMAXの大きく2つがあります。

実際はその他にもキャリアから出ているモバイルルーター、フリーSIMを入れると計4種類に分けることができますが、この2つはコストや繋がりやすさのデメリットが多いため省きます。どうしてもこれらが良いなら各自ググって特徴などを理解してください。

ポケットWIFIとは?押さえるべき特徴

さて、話を戻します。ポケットWIFIの特徴として、先述したように現在では4G LTE回線を利用しています。つまりお使いのスマホのエリアやスピードと変わりません。もしお使いのスマホが古い機種でなく、比較的新しい機種にも関わらずエリアやスピードに不満を持っている方ならモバイルルーター選びから「ポケットWIFI」をあきらめましょう。

また、ポケットWIFIが利用している4G LTE回線は建物の影響を受けにくい特徴を持っているため、建物の奥や地下でも繋がりやすいのもポイントです。

WiMAX(ワイマックス)とは?

一方WiMAX(ワイマックス)はUQコミュニケーションズ社が展開しているサービスで、その他20以上のプロバイダーが使用している回線でもあります。

使用する端末によって若干異なりますが、2019年現在では最新の端末だと下り最大で1.2Gbps(1200Mbps)でるものもあります。この速さだと固定回線と変わらないですね。

都心などのエリアでは抜群のスピードを誇るWiMAXですが、以前は地下や建物の奥のでは繋がりにくい、もしくは全く繋がらないということもありました。

しかし、2019年にリリースされた最新機種ではこれまでよりもかなり改善されています。

もし古い端末は正直繋がりにくい可能性もまだまだ高いので、都心に住んでいない方は注意しておきましょう。最近のモバイルルーターはホームページに対応エリアやお試し期間を定めている場合も多いので、あなたのエリアもチェックすることをおすすめします。

完全無制限のポケットWIFI(モバイルルーター)なんて無い!

率直に言うと2018年の後半までは「完全無制限」のポケットWIFIが存在しましたが、2019年現在では存在しません。

追記:出ました。>>出た!完全無制限のモバイルルーター「どんなときもwifi」

現在では様々なものにインターネット回線を利用する機会があります。ただインターネットに接続して検索、閲覧やブログの更新程度なら大して通信量を消費しませんが、読み込みのデータ量が多いTwitterやInstagramなどのSNSをはじめYouTubeやAmazonプライムビデオ、ネットフリックスのような動画サービス、Tver他見逃し配信サービスなどをスマホで視聴する方が増えています。

完全無制限にすることで月間でかなりの通信量を消費してしまうため、Softbankが提供しているような4G LTEが利用できるポケットWIFIも完全から100から150GBほどの「大容量」に変更しているのが現状です。(だってキャリアのデータプランは50GBでもそこそこ月額料金高いでしょ?規制しないとキャリアのデータプランではなくみんなポケットWIFIの大容量プランを使っちゃうから)

またプロバイダーによっては3日で10GB1日で3GBなど制限をつけることで異常な通信量の消費を上手く調整しています。

それでもたくさん使いたいならモバイルルーターよりも固定回線をオススメします。

ポケットWIFIやWiMAXの特徴や完全無制限のモバイルルーターなんて存在しないことが理解できたら次に向かいましょう。

ポケットWIFI(モバイルルーター)の選び方と選ぶ基準

それではあなたにとって最適なモバイルルーターはどのサービスでしょうか。

①データ通信量(容量)はたっぷりな方が良い

月に使うデータ通信量がおおよそどれくらいか把握することによって契約するプロバイダー選びの基準にします。

・カフェなど自宅以外でインターネット回線を利用することが多い

・動画もそこそこ見る

・自宅にインターネット回線がない(固定回線はなくインターネットはスマホのみ)

これらに該当する方はデータ通信量が多いプランを選びましょう。

容量の多い料金プランでオススメなポケットWIFIのサービスは・・・

・STAR WIFI(料金プランは1つだけ大容量・・・100GBくらいなら速度制限もかかりません)

STAR WIFIのメリットと言えば、「契約縛りがないため、1年以内の解約でも違約金が発生しない」「Softbankの電波を使用しているのでスマホと変わらない繋がりやすさ」「100GB以上は使える大容量」「月額変動なしの3680円(申し込みの際にクーポンを利用した場合)」など、固定回線のWIFIを自宅にひいていない方や、外でもよくスマホを使う方に適したポケットWIFIです。

・NOZOMI WIFI(100GBプランもしくは無制限プラン)

NOZOMI WIFIは100GBプラン(3480円)や無制限プラン(4480円)を展開しているポケットWIFIです。

また、1週間や2週間などの短期間だけ使用できるプランもあります。



・FUJI WIFI(100GBプランもしくは無制限プラン)



これらは全てSoftbankの4G LTE回線を利用しています。3社の中で最もオススメは「STAR WIFI」

初期費用は若干高いもののデータ通信量は大容量、月の料金は3680円、契約縛りなしなど総合的にみると良いポケットWIFIと言えます。

②ある程度の規制は我慢するから安い方が良い

もしあなたの月のデータ通信量が30GBまででおさまるなら・・・

・ネクストモバイル(30GBプラン)

NEXT mobile

2年縛りはあるものの、4G LTE回線を使用、30GB内であれば速度制限はなく、ポケットWIFI内のSIMをスマホに入れて使用することも可能です。

もしあなたが月の容量はたっぷり使いたい、でも速度制限は我慢できるから出来るだけ安い方が良いというワガママさんなら・・・

・縛りなしWIFI(端末で異なります。)個人的に速度制限さえ我慢できる方なら最もオススメです。



ポケットWIFIなら1日3GB、WiMAXなら3日で10GB以内であれば速度制限はかからない。しかもサービス名の通りいろんなものが無い新しく始まったポケットWIFIです。

③とにかく速い方が良いWiMAX派

遅いのはイライラ、とにかくスピード命のあなたには・・・

・ブロードワイマックスのギガ放題プラン

店舗受取訴求

・GMOとくとくBBの放題プラン

とくとくBB WiMAX2+

この2社のサービスがオススメです。それぞれ速度制限はあるものの月のデータ通信量は定められていないので、うまく使えばたっぷり利用できます。またキャッシュバックが無い分月額料金が多いブロードワイマックス、キャッシュバックも強烈に安いとくとくBBとそれぞれメリットがことなりますので関連記事で比較してみましょう。

※GMOとくとくBBだけの記事は書いていないので上記比較記事、もしくは公式ホームページよりご確認ください。

GMOとくとくBB WiMAX2+

最後に

完璧なモバイルルーターなんて世の中にありません。

でもあなたの環境や使用頻度を理解し、各サービスの特徴を理解することで理想に近いサービスは存在します。気になるサービスの関連記事を読んで参考にしてください♪

店舗限定!500円でお試し体験レッスン開催中

wifi・スマホカテゴリの最新記事